毎月 先着 5名様 限定 お試しカウンセリング 受付中

職場の疲れを10分で取る方法とは!?

3度のうつ休職を乗り越えた「再発しないメンタルアップ」の専門家

うつ克服カウンセラーの椎名優介です。

 

 

職場は人間関係の戦場とも

言われるくらい、

ストレスが多い環境です。

 

そのため、家に帰っても、

 

「疲れてぐったりする・・・」

「色々な出来事が頭から消えなくて

 気持ちが休まらない・・・」

 

とか、

朝起きても、

 

「睡眠はそれなりにとったはずなのに

 疲れが抜けない・・・」

 

といった状態に

なってしまうことも

多いのではないでしょうか?

 

 

 

それでは、

職場の人間関係の疲れは

どのように取ればいいのでしょうか?

 

 

 

 

それは、

 

 

 

 

 

 

催眠状態に浸る

 

 

です。

 

 

催眠状態といっても

怪しげなことは何もありません。

 

 

実は、

あなたも普段の生活の中で

催眠状態を何度も経験しています。

 

 

例えば、

 

  • 朝起きた時や、寝る時の、うとうとしている状態
  • 電車やバスで考え事をしていて乗り過ごしたときの状態

 

こういった状態のことです。

 

 

この状態に意図的に入り、

5分程度キープすると

深い疲れが取れてスッキリします。

 

 

 

それでは、

自分で催眠状態に入る

簡単な方法をご紹介します。

 

 

筋弛緩法と言われる方法です。

 

 

ここでは簡略化した方法を

ご紹介します。

 

 

イスにゆったりと座り、

軽く目を閉じます。

 

両腕にギュッと力を入れたあと、

一気に力を抜きます。

 

 

ゆったりした呼吸を続けます。

 

 

息を吐くたび、

腕の力がスーッと

抜けていきます。

 

 

同じように、両足に力を入れ、

一気に力を抜きます。

 

 

も同じように行います。

 

 

息を吐くたび、

身体から力が抜けていきます。

 

 

 

心地いいな・・・

 

と感じる状態になったらOKです。

 

 

そのままその感覚に

しばらく浸って下さい。

 

 

 

覚醒する時は、

手を握ったり開いたりして

徐々に体に感覚を

戻していきます。

 

 

いかがでしょうか?

 

 

 

色々なやり方がありますが、

筋弛緩法を使うと

初心者でも入りやすいと

思います。

 

 

トータル10分程度でも

かなり疲れが取れますので

一度試してみてください。

今の辛い状態から抜け出し、
自分らしい人生を歩みたいと
考えている方は、

お試しカウンセリングを
お申込みください。

今の状況をしっかりお聴きして
どういうことに取り組んでいけばいいか、
ご説明させていただきます。

気持ちが楽になり、
この先のヒントが得られるかも
しれません。

分からないことがあれば
遠慮なくお問合せください。

カウンセリングのメニュー&ご予約はこちら
カウンセラーのプロフィールはこちら

HSP、アダルトチルドレン、うつ病、抑うつ状態、適応障害、職場の人間関係、対人恐怖、摂食障害、性格を変えたい、自信がもてない、復職、再発、不安、イライラ、パワハラ、家族のうつでお悩みで、自分を変えて人生を好転させたい方は、
新宿区、江東区、杉並区、中央区、港区、千代田区、荒川区ほか東京23区、大阪、仙台、神奈川、茨城、水戸、埼玉、千葉、山梨からもお越し頂いている、
東京都・銀座のカウンセリングルーム『メンタルアップ』へお越しください。

コラムの更新情報や限定情報を配信しています。
↓↓↓↓↓