オンラインカウンセリング日本全国対応中!(海外在住もOK)
(対面は受付停止中)

「頼めない」「断れない」の根本原因とは!?

 

うつ克服カウンセラーの椎名優介です。

 

あなたはこんな悩みはありませんか?

「相手が忙しそうだと、仕事を頼めない」

「仕事を頼まれると、断れない」

「どんどん仕事が増えて、忙しすぎる。。」

実はこれ、
適応障害で苦しんでいた頃の、
私の悩みだったりします。。

だから、
今日の記事は、
昔の自分に向けて書いている気分です^^;

組織で働いていると、

頼んだり、

頼まれたりして、

仕事は進んでいきますよね。

だから、

「頼み、頼まれ」

がスムーズにできないと、

めっちゃストレス溜まりますよね。。。

では、
その当時、私はどうして頼めなかったり、
断れなかったのでしょうか?

◆理由①

「断られて傷つくことを非常に恐れていた」

断られると、自分が否定されたように感じてしまうし、
そのあと、意識してしまい、
自然な会話が難しくなることもありました。。

◆理由②

「仕事では「人間関係」を最重要視していた」

これも、過去の仕事から学んだことですが、
以前、メンバー間の仲が悪く、
殺伐とした雰囲気のプロジェクトがありました。

結局、会話やコミュニケーションの量と質が、
非常に悪かったため、

居心地最悪だっただけでなく、
ロクな成果にもつながりませんでした。。

こんな体験から、

「仕事では「人間関係」が最重要!」

という価値基準になりました。

ちょっと話は逸れますが、
この価値基準、リーダーという立場ではまずいですよね。。^^;

なぜなら、
目標達成と人間関係が相反したとき、
人間関係を選択することになるので、

目標を達成するのが、
とてもとても難しくなってしまうんですね。。。

ゆとりのある職場ならいいのですが。。。

そのころの私は、
人間関係を優先していたので、
結局、強く言えず、抱え込み、先送りして、
自分の心と身体が処理しきれなくなってダウンする、、、、

これが私のパターンでした。。

・・・すみません、

「人間関係を優先していた」

と恰好つけて言いましたが、

本当は、

「自分が傷つくのを恐れていた」

だけです。。。^^;;

職場でどう生きるか?は人それぞれの価値観でOKだと
思いますが、

少なくともリーダーは、
価値基準の上位に目標達成が必要、と、
私は思っています。

話戻します。

では、

どうすれば、

「頼める」

「断れる」

ようになれるのでしょうか?

それは、

「頼む」と決める

「断る」と決める

です。

頼めなかったのを、頼んでみる

断れなかったのを、断ってみる

こうする、と決めて、
行動してみます。

「え、、、、!

 それが出来ないから困ってるんだけど、、、」

と思われたかもしれません。

確かにその通りで、
心の健康度が高めの人は、

「勇気を出して、頼んでみる」

「勇気を出して、断ってみる」

ことで、
壁を突破して行けますが、

「やっぱり難しい、怖い、、」

という場合は、
その原因を掘り下げていくと、
AC(アダルトチルドレン)に行きつくことが多いです。

ACの方は、幼少期、日常的に、
境界線を侵害され続けてきました。

虐待、暴力、暴言、過保護、、

その過程で、

「あれが欲しい、これやってみたい」

と親に言っても、
ネガティブな反応が返ってくると、

「欲しいものを欲しいと頼んではダメだ」

ということを学習して、脳は記憶します。

そして、
脳の「一般化」という性質から、
起こった出来事は

「欲しいものを欲しいと言っただけ」

だったのに、

「自分の欲求を表現してはいけない」

「人に頼ってはダメだ」

のような汎用的なルールとなって、
脳に保管され、自動的に働きます。。。

このような、
幼少期の家庭環境の影響で、
入ってしまった沢山のルールのことは、

「人生の呪い」

と言ってもいいかもしれません。

この呪いが弱い場合は、

「行動したけど、大丈夫だった」

という体験を積み重ねることで、
呪いは溶けていきます。

しかし、

強い場合は、
ACを克服していくための取り組みが、
遠回りのようで、近道です。

「なかなかカウンセリングは受けられないし、、、」

という場合は、
次の質問を自問自答してみることから
やっていくと良いと思います。

「『忙しそう』とは、どこから私は判断したのだろう?」

「頼んで断られると、どうなるのが不安なんだろう?」

「そして、それが起こる確率はどれくらいで、
 実際に起こるとどんなダメージを受けるんだろう?」

「もし、頼まなかったとしたら、どうなるだろう?」

こんな問いを投げかけて、
じっくり内省してみてください。

今の状況を客観視するのに役に立ちます^^

椎名

今の辛い状態から抜け出し、
自分らしい人生を歩みたいと
考えている方は、

お試しカウンセリングを
お申込みください。

今の状況をしっかりお聴きして
どういうことに取り組んでいけばいいか、
ご説明させていただきます。

気持ちが楽になり、
この先のヒントが得られるかも
しれません。

分からないことがあれば
遠慮なくお問合せください。

カウンセリングのメニュー&ご予約はこちら
カウンセラーのプロフィールはこちら

職場の人間関係が辛い、HSP、アダルトチルドレン、適応障害、うつ、対人恐怖の方は、無料メール講座をお読み下さい!